2005年07月01日

建白書

公務員革命・地方議員無用
昨今報じられている大阪市の実態は、目に余るものがあります。 空残業・公費流用・闇専従・破綻見え見えの第三セクターへの公費垂れ流し等々  
数え上げればデパートの如く、公務員への厚遇が積み上がります。 
これは多分 大阪市のみでは無いでしょう。
公務員制度改革とか実態調査を幾ら行っても、その実が上がらないのは明々白々です。
制度を改革しても、ぬるま湯の今の時代不正は無くなりません。  
もっと実態に即したコペルニクス的変換を図ろうではありませんか。 
まず公務員と言う職業を廃止します。 
そして実務は徴兵制度に倣って徴公制度をとり、満20尊になったら3年間居住地の役所に勤務して貰います。
今は居住しない自治体に務めている公務員が多々居りますが、もっての他です。
自分が税金も払っていない自治体に務めて、まともな仕事が出来る訳がありません。
自治体の首長は選挙に当選したら、部長局長級を自分で選任するようにします。 
今の首長は選挙に当選しても、前任からの幹部が腰を据えているので、自分のマニフェストは実行出来ずらいでしょう。 
この制度にしたら4年間で政策を実行出来るはずです。 
但し、投票率50%以下で当選した場合のみ、リコールを受け付ける様にしておきます。
実務は若い20代に、ボランティア形式でやってもらうので、人件費もかさむ事がないでしょう。
毎年、1/3が卒業して行き1/3が入ってくるので、風通しも良くなっていくでしょう。 
投票率50%以上で当選した首長には、絶対の権限を与えるのです。 
ですから、有権者も心して投票行動を起こさねばなりません。 
今の選挙は殆どが投票率50%以下で選ばれておりますが、民意を反映していないこと甚だしいです。全住民から見れば10%〜20%の支持で首長になっているのですから。 
さて、地方議員です。  
皆さん、彼らが何をやっているかご存知ですか。 その行動が見えますか。  
大阪市を例に取れば、あれだけ公務員の不祥事が噴出していながら、今までそれを止めるどころか追認してきたと云わざるを得ません。 
何のための議員ですか。そんな議員は無い方が良いでしょう。 
住民の為どころか公務員の為に仕事をしていると云われても仕方ないでしょう。 
国会議員の地方組織にしか過ぎないものは要りません。 
地方の自治体は首長が全責任を負えば済む事です。  
無駄は特に税金の無駄は、極力省きましょう。 
それでは民主主義ではないと云われますが、だったら、選挙の投票率はどうなっていますか。  30%前後の投票率で、民意は反映されていると思われますか。 
そうです、全ては住民の責任なのですが、皆が投票に行かないから座していても仕方が無い。 
上記のような荒治療が必要なのです。 
投票したい人がいない、呼鳴、それを云うなかれ。  
デモクラシーとは実に厄介。
posted by 津々浦々 at 14:58| Comment(6) | TrackBack(3) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

落首

近頃、巷に流行るもの。
勝ち組・負け組、次世代、萌えちゃん。
ポイズンピルで副作用、パックマンには飲み込まれ、ホワイトナイトはいずこにおわす。
抵抗勢力、アメには勝てぬ、蜘蛛の子散らしてなだれ込む。
カラ残業にカラ出張、税の無駄遣いは想定範囲内でごぜいますだ〜お代官様。
ブログ、メルマガ、ヒロシです。交流試合は、こうりゅうぐあいにしあしゃんせ。
国際連合カネなら出すが、口出しせずに幾星霜、何故に今ぞろ常任理事国ホーホケキョ。
常任幹事に歯向かう奴は談合仲間の村八分。村の八分に恐れはせぬが社に帰れば首が飛ぶ。
ヨン様ビョン様韓流ブーム、日韓関係再構築。
何を買ってもポイント制、何を売ってもポイント制、これが本当のシナジー効果?
ヘソ出しルックはもう古い。
見せる下着に見せる乳。
同じアホなら見せなきゃ損ソン。
官から民へ、カンカラミン。
プレミア焼酎、偽物騒ぎ、味を知らずに無知を知る。
景気は踊り場ShallWeDance?米中次第と人は云う。
第三セクター・第三ビール、代参は森の石松だけでよい。
コンプライアンスとコンクラーベ、不祥事を起こした社長の好きなのどっちっち、ファイナルアンサー?皆で渡れば不法も法。
スローライフと叫んでみれば、少子高齢社会は間近。
アンチ巨人に精力尽くし、アンチエイジでケアーする。
ゴマフあざらし・玉チャン消えて、レッサーパンダ・風チャン堂々仁王立ち。
セレヴ・セレヴと草木もなびく、セレヴなりたや成駒屋。
重大(十代)事実は認めにゃならぬ。藍ちゃん、美姫ちゃん、シャラポワちゃん、これぞ将にディープインパクト。
グルメ巡りに一度はおいで、高速道路のサービスエリア、地元地元で意をこらす。
カリスマ主婦はお料理上手、カリスマ主婦は株上手、カリスマ主婦は床上手?
アジア最終予選に立ちはだかるは、バカの壁。
(番外)省エネルックは掛け声倒れ、お仕着せばかりで終焉す。
ビジネス軽装・クールビズ、今度は根付くか根付かねえ。
posted by 津々浦々 at 16:50| Comment(14) | TrackBack(4) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

社会を視つめて

JR西日本の脱線事故に マスコミは、かしましい。
あらゆる埃を叩き出して、もぐら叩きを行って居ます。
成る程、この企業は、そうされても、言い訳できない体質である事は確かな様であります。
然るに、こういう一人の人間に立ち返れば、取らないであろう行動を取ってしまうのは、何も、この企業のみではありません。
極く最近でも、三菱自動車の度重なるリコール隠しでの人身事故、UFJ銀行の査察に対する大量の隠蔽工作、全国各地の警察不祥事、大阪市の組合との馴れ合い行政による税金大量不正自給等々。
それを追求する大マスコミにしてもNHKの大腐敗、朝日新聞のうやむや体質、日経新聞のゴタゴタ数え挙げれば、枚挙に暇がありません。
凡そ大組織で悪事を働いていない処なんて無きに等しいのです。
悲しいかな、枚挙に暇が無いけれども、凡そ人類が社会を形成して生活する様になれば、これは当然の帰結であります。
そう、人間とは、かくも、弱いものであります。その弱い人間が、組織を形成すれば(古くは徒党を組むと云った)かくも無責任、かくも無慈悲、かくも悪心に陥ってしまうのです。他人の不幸は蜜の味という言も残っている位です。
しかし、我々は、この事を踏まえて対処しなければならないのです。我と我が身に置き換えて思考しなければなりません。
批判するのは易い。追求するのも当然であろうと思います。
だが、自身も、社会生活において、他に憚る行為を犯してはいないであろうか。もとる事は無いか。無ければ大いに結構です。
しかし、そんな人は稀でしょう。つまり、大組織の悪事を助長しているのは、我々一人独人なのです。
我と我が身の越し方が、その遠因なのです。
 
posted by 津々浦々 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(10) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

動くか政局、総選挙?

少々古い話で申し訳有りませんが、総選挙が近づけば、選挙妨害・公選法違反とキャンキャン云われかねないので、この時期に述べておきたいと思います。
と云うのも、今、郵政民営化で政府(小泉首相)と身内の与党(自民党)が喧喧諤諤。ヒョッとしたら弾みで、衆院解散・総選挙に突入とも限らない時だからです。
「鈴木議員! あなたは悪のデパートです!」と衆院内で激しく糾弾・罵倒した人がいました。
いくら院内での発言には、其の責任を問われないと云っても、こんな思い上がった、或いは人を見下し裁いて切って捨てる様な言辞を吐いた人が居ました。
多分、この人は、生涯、悪事や、悪想や、悪巧は微塵も行わない、つまり神御一人なのでしょう。
嘘をつけ!。
この御人は、この言辞を吐いた時、既に議員バッチを外さねばならない悪事を行っていたのではないですか!。
何も鈴木前議員を擁護しているのでは有りません。
彼も悪事を働いていたのですから指弾されて然るべきです。
さりながら、人間は、善人・悪人と単純に二分化されるもので無い事は自明の理ですよね。
神でない限り、どんな善人でも悪心を抱き、どんな悪人でも善行を成し得るという事です。
自分の胸によくよく手を当てて考えてみましょう。
然るに「総理!総理!総理!総理!」とかパフォーマンスで大向こう受けを狙った手法に、一般国民は騙されたり、面白がったりして、人気投票化した選挙を愚弄しているのです。
有ろう事か、この御人は、代議士を辞した後、参議院選にも立候補しました。
衆議院と参議院の役割分担には、自ら違いが有る事位、国会議員を務めた人なら重々解っていそうなものです。この節操の無さや如何。
とどのつまり、こういう人は、代議士で有ろうが、参議院議員で有ろうが、ともかく国会議員と成って、権力を得て、自分のやりたいパフォーマンスやフラストレーションを発散させるマスターベーションを満たせたい為だけだと思われてなりません。
そこには国民の事など、眼中に無きに等しいと云わざるを得ません。
むしろ国民を利用して、踏み台にしているにすぎません。
しかし日本の国民性は、しがらみに縛られ、悪事を働いてもバッシングを受けた人には可哀想だと同情する。
だから、こういう人は、必ず次の選挙で当選するので有ります。呼。
posted by 津々浦々 at 14:47| Comment(1) | TrackBack(1) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。