2005年11月02日

小泉・構造改革継続?内閣発足(続)

防衛庁長官に返り咲いたのは、額賀氏。
彼こそ、麻垣康三より前に、首相候補として名が挙がった人物ですね。
今度の防衛庁では、前回みたいなチョンボはしないでしょうが、米軍再編と普天間基地の問題、軍備を増強させつつ、アジアの覇者たらんと虎視眈々の中国との、際どい舵取りは、非常に困難なものがありますね。
お次は、末席にも座らなかった、福田氏。
これは、見方が分かれる処ですが、小泉サンがあえて座らせなかったのか、小泉サンが座らせたく無かったのか、福田氏が入閣を拒否したのか、この3通りです。
多分、小泉サンがあえて座らせず、スペアーとして、温存したのだと思います。
さてさて、お次に控えしは、ご存知、郵政の竹中氏。
小さな政府の提言者で、小泉改革の申し子は、ひょっとすると、あるいは、ブッシュ大統領のライス国務長官の立場でしょうか。
いやいや、そこまで云っては、平蔵先生は恐縮するでしょう。
まあしかし、総務相になったからには、三位一体を始めとする構造改革に、難行苦行を強いられるでしょう。
さらに、お次に控えしは、二階氏。
この、選挙にめっぽうお強い御方は、自由党より復党するや、武部・偉大なイエスマン幹事長を手助けし、総選挙の裏方一切を仕切った、凄腕です。
今回、中川氏の後を襲って、経産相に就くのも、その凄腕を見込んでのものでしょうか。
中国との海底油田の問題、アメリカとの牛肉再輸入の問題、農水省との連携は見ものと云っていいでしょう。
またまた、お次に控えしは、与謝野氏。
君、死に給もうこと勿れ。で有名な与謝野晶子の孫としては、二階氏と違い、選挙にめっぽう弱い人ですよね。
政調会長として、郵政法案を党内で、ほうほうの体にしろ、まとめ上げた点で、論功行賞の一番手として入閣したのでしょう。
政策通とは聞きますが、就任初日で、東証のシステム障害に見舞われるとは、前途を暗示していませんか。
それでも、お次に控えしは、刺客一号・小池氏。
彼女も、ギラギラの論功行賞組でしょう。
自由党より自民党に移って、正解の一人です。
前回、環境相を留任した時、派の親分・森前首相より、「彼女を留任させるのは、有難た迷惑だ。他にも、待機組がいっぱい居るのに、何故そんなに、彼女だけ優遇するのか。」と口を極めて罵られていたが、意外に、彼女はしたたかではないでしょうか。
度胸も深謀も持ち合わせているかもしれません。ただ、小泉サンに、これだけ重用されれば、一年後、小泉首相が退陣した時、難局を迎える事になるでしょうが、あるいは、意外な実力を付けているかも知れません。
さらに、お次に控えしは、川崎氏。
国民の最大関心事である年金問題を筆頭に、医療行政で医師会と徹底抗戦せねばならぬ立場は、真にお気の毒です。
下手をすれば、次の選挙で落選するかも知れません。
そのリスクを敢えて負い、敢然と、畑違いの分野に放り込まれた、彼の意気や如何。
案外、分野外の発想で、切り開くか、こけるか、お手並み拝見でしょう。
続いて、お次に控えしは、小坂氏。
目立たぬ処で、今回、文部科学相に就いた小坂氏。
やはり、どんな社会でも、見ている人は見ているものですね。それを伺わせるのが、この人事です。
ひょっとすると、彼は大化けするかも知れません。
小泉サンの嗅覚で、そう読んだのでしょうか。
さあ、それはどうかな?
さて、どん尻に控えしは、ご存知、マドンナ・猪口氏。
彼女は今回の選挙で、比例単独1位に名を連ねた段階で、今日の入閣を約束されていた筈です。
それは、見え見えの事でした。 但し、政界は一寸先は闇、昨日の約束が、今日は反古にされる世界です。
組閣当日、猪口氏も、やはり半信半疑だったでしょう。
緊張しているのが、有々でしたね。 それは、ご愛嬌。
まあしかし、今回の選挙で、訳の解らぬ者が、不覚にも大量に当選してきた中で、彼女は穏当な方でしょう。
詰まる所、この内閣に期待したいし、期待するのは、兎にも角にも、官僚と闘って貰いたい、言いなりじゃなく、官庁へ指導力を発揮して貰いたい、もっと云えば、官庁を解体する位の気概で臨んで貰いたいと云う事です。

posted by 津々浦々 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(6) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8885870

この記事へのトラックバック

新内閣の実像2
Excerpt: 3.お茶を濁された?  男女共同参画・少子化担当大臣に就任した猪口邦子氏については、総選挙出馬を要請されたときに入閣の密約があったと噂されていたが、状況を見るとその噂は本当だったのだろうかという気がす..
Weblog: 外交のファンタジスタ
Tracked: 2005-11-03 03:22

小泉第3次内閣誕生
Excerpt:  第3次小泉改造内閣の顔ぶれが決定。    注目のポスト小泉の「麻垣康三」では、安倍晋三氏が官房長官として初入閣、谷垣禎一財務相が留任、麻生太郎氏が外相に、その他、与謝野馨氏が経済財政担当相として..
Weblog: Charlie's マイペース雑記
Tracked: 2005-11-03 18:06

オバハンの衝撃の青いドレス
Excerpt: う??ンなんだかブログで、菊花賞で青いヘルメットをつけて三冠を達成した、ディープイ
Weblog: 時事を考える
Tracked: 2005-11-03 19:11

官房長官に安倍氏ですか!平成の上杉鷹山を目指せ!
Excerpt: 第3次小泉内閣発足 小泉内閣の布陣が発表された。安倍氏が内閣官房長官というのはナイスである。ポスト小泉となるかどうかは、まだ未知数だ。 しかしながら、国民的人気の高い安倍氏だけに期待は大きい..
Weblog: 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2005-11-04 07:58

小泉改造内閣発足、ル・モンドの反応は?
Excerpt:  第3次小泉改造内閣が発足。フランスのル・モンド紙もこのニュースを取り上げた。「小泉首相、タカ派で外交武装(M. Koizumi adoube des "faucons" de la diplomat..
Weblog: 鯖田鮫蔵的批評 (&フランスメディア抄訳)
Tracked: 2005-11-06 13:22

関八州に覇を競う 1
Excerpt: <B><北条氏の興亡></B> 日本の戦国時代に、一介の素浪人から身を起し、梟雄と称せられ、一国一城を切り取った代表選手に、前期には<FONT color=#00800..
Weblog: 人物訪問記 ON HISTORY
Tracked: 2005-11-25 13:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。