2005年08月09日

衆議院解散―緊急提言

小泉首相が衆議院を解散しました。
ヤケクソ解散・身勝手解散等々批判非難が相次いでいますが、毀誉褒貶は時の常、謗る者には云わせて置けば良いのです。
信念を貫くのは易い事では有りません。
評価は後の世が下す事です。
徳川慶喜が大政奉還をした時、龍馬は云いました。
「大樹公、良くぞ御決心なされた。これで日本は救われる。」と。
それが龍馬が殺される一月前の事です。
慶喜は政権を返上した後も、新たな政府組織で政権を担おうと目論んでいましたが、結果は賊軍として処罰されたのは、ご承知の通りです。龍馬も又、新政権では、慶喜を首座に据えるつもりで居た節が有ります。
反対派を押さえて大英断を下した慶喜、結果的には、幕府(政権)を潰しましたが、明治維新と言う新しい時代を切り開きました。
小泉首相も多分、同じ結果になると思います。
本人は選挙に勝って、再度政権を担おうと思推していますが、多分、過半数は取れないでしょう。
つまり、慶喜と同じく任期を余して、下野しなければならないでしょう。然しながら、自民党をブッ壊し、社会の悪弊を絶ち切る絶好の新時代到来を呼び込むかも知れません。小泉首相の思惑は外れますが、結果として、大変革をもたらす筈です。
但し、ここで真価を問われるのは、国民有権者です。
明治維新は、常に虐げられていた下級武士が成し遂げました。
今、その立場に居るのが、主権者たる国民です。
主権者と煽てられて、変革(選挙)に参加しようともせず、唯々諾々と、為政者の言いなりになっていた今までの姿勢を正すべき時です。
投票率50%以下なんて、とんでもない背信行為です。
一票を行使しないで、文句タラタラの態度は、もっての他です。
さりとて、立候補者は良く見極めて下さい。
以前にも書きましたが、大阪には、勘違いで出馬する女性候補者もいます。
北海道では、未だ罪に問われ公判中の候補者が、新党を立ち上げるそうです。
何が、彼等を立候補に駆り立てるのでしょう。
見栄と自身の快感と権力欲に、魅入られていると断言しておきましょう。
いづれにせよ、小泉首相が、命を賭して断行したこの好機を、断固掴み取りましょう。
posted by 津々浦々 at 16:33| Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
選挙に行かないという行為は、後で取り返すことが出来ないものです。郵政民営化法案はいわば国民に丸投げされたようなもの。与野党の勝敗はどうあれ、投票率という物差しで国民自身が判断される選挙でもあると思います。
Posted by 帆波 at 2005年08月09日 19:47
現在、誰に投票しようか?どの政党が良いのか?と悩んでいます。
もし、選択できなかったらどんな行動をすれば良いのでしょう?無理やり妥協して投票用紙に何か記入した方が良いのでしょうか?無理せず投票に行かない方が良いのでしょうか?それとも、投票に値する人物(政党)なしという意思表示で白票を投じた方が良いのでしょうか?
皆さん、どう思われますか?
Posted by ロン at 2005年09月04日 22:13
ロンさん、コメント有難う御座います。
確かに難しい問題ですね。
国会議員に値する人物は、確かにそう多くは無いですよね。 妥協して投票するのも、気の重たい事です。 しかし、民主主義の根幹、ここは一つ、よりベターな政党を選ぶしか、今の我々には出来ないでしょう。
Posted by 津々浦々 at 2005年09月07日 13:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5746888

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。