2005年11月02日

小泉・構造改革継続?内閣発足(続)

防衛庁長官に返り咲いたのは、額賀氏。
彼こそ、麻垣康三より前に、首相候補として名が挙がった人物ですね。
今度の防衛庁では、前回みたいなチョンボはしないでしょうが、米軍再編と普天間基地の問題、軍備を増強させつつ、アジアの覇者たらんと虎視眈々の中国との、際どい舵取りは、非常に困難なものがありますね。
お次は、末席にも座らなかった、福田氏。
これは、見方が分かれる処ですが、小泉サンがあえて座らせなかったのか、小泉サンが座らせたく無かったのか、福田氏が入閣を拒否したのか、この3通りです。
多分、小泉サンがあえて座らせず、スペアーとして、温存したのだと思います。
さてさて、お次に控えしは、ご存知、郵政の竹中氏。
小さな政府の提言者で、小泉改革の申し子は、ひょっとすると、あるいは、ブッシュ大統領のライス国務長官の立場でしょうか。
いやいや、そこまで云っては、平蔵先生は恐縮するでしょう。
まあしかし、総務相になったからには、三位一体を始めとする構造改革に、難行苦行を強いられるでしょう。
さらに、お次に控えしは、二階氏。
この、選挙にめっぽうお強い御方は、自由党より復党するや、武部・偉大なイエスマン幹事長を手助けし、総選挙の裏方一切を仕切った、凄腕です。
今回、中川氏の後を襲って、経産相に就くのも、その凄腕を見込んでのものでしょうか。
中国との海底油田の問題、アメリカとの牛肉再輸入の問題、農水省との連携は見ものと云っていいでしょう。
またまた、お次に控えしは、与謝野氏。
君、死に給もうこと勿れ。で有名な与謝野晶子の孫としては、二階氏と違い、選挙にめっぽう弱い人ですよね。
政調会長として、郵政法案を党内で、ほうほうの体にしろ、まとめ上げた点で、論功行賞の一番手として入閣したのでしょう。
政策通とは聞きますが、就任初日で、東証のシステム障害に見舞われるとは、前途を暗示していませんか。
それでも、お次に控えしは、刺客一号・小池氏。
彼女も、ギラギラの論功行賞組でしょう。
自由党より自民党に移って、正解の一人です。
前回、環境相を留任した時、派の親分・森前首相より、「彼女を留任させるのは、有難た迷惑だ。他にも、待機組がいっぱい居るのに、何故そんなに、彼女だけ優遇するのか。」と口を極めて罵られていたが、意外に、彼女はしたたかではないでしょうか。
度胸も深謀も持ち合わせているかもしれません。ただ、小泉サンに、これだけ重用されれば、一年後、小泉首相が退陣した時、難局を迎える事になるでしょうが、あるいは、意外な実力を付けているかも知れません。
さらに、お次に控えしは、川崎氏。
国民の最大関心事である年金問題を筆頭に、医療行政で医師会と徹底抗戦せねばならぬ立場は、真にお気の毒です。
下手をすれば、次の選挙で落選するかも知れません。
そのリスクを敢えて負い、敢然と、畑違いの分野に放り込まれた、彼の意気や如何。
案外、分野外の発想で、切り開くか、こけるか、お手並み拝見でしょう。
続いて、お次に控えしは、小坂氏。
目立たぬ処で、今回、文部科学相に就いた小坂氏。
やはり、どんな社会でも、見ている人は見ているものですね。それを伺わせるのが、この人事です。
ひょっとすると、彼は大化けするかも知れません。
小泉サンの嗅覚で、そう読んだのでしょうか。
さあ、それはどうかな?
さて、どん尻に控えしは、ご存知、マドンナ・猪口氏。
彼女は今回の選挙で、比例単独1位に名を連ねた段階で、今日の入閣を約束されていた筈です。
それは、見え見えの事でした。 但し、政界は一寸先は闇、昨日の約束が、今日は反古にされる世界です。
組閣当日、猪口氏も、やはり半信半疑だったでしょう。
緊張しているのが、有々でしたね。 それは、ご愛嬌。
まあしかし、今回の選挙で、訳の解らぬ者が、不覚にも大量に当選してきた中で、彼女は穏当な方でしょう。
詰まる所、この内閣に期待したいし、期待するのは、兎にも角にも、官僚と闘って貰いたい、言いなりじゃなく、官庁へ指導力を発揮して貰いたい、もっと云えば、官庁を解体する位の気概で臨んで貰いたいと云う事です。

posted by 津々浦々 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(6) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

小泉・構造改革継続?内閣発足

度々、政治の話で恐縮です。
小泉首相にとっては、サプライズの無いサプライズ人事が決定しました。
午後1時からの衆院本会議が終わり、首相官邸へ次々と呼び込みが始まるや否や、続々と、新閣僚が決定して行きました。
今回の人事では、小泉首相には珍しく、配慮を利かせた物となりましたね。
ポスト小泉として、先ず、官房長官に国民的人気のある安倍氏、財務省に堅実な谷垣氏留任、外相には一方の旗頭・麻生氏を総務相より横滑りさせ、着々と力を付けて来た中川氏を経産相から農水相にコンバートし、防衛庁長官には最適任の額賀氏を据えました。
憎い事には、これらの人が皆こけた時、福田氏を温存しておくという手を取った事です。
論功行賞的な意味合いでは、総務相には竹中氏を任じ、経産相に総務局長から二階氏、経済財政相に政調会長の与謝野氏、小池氏を環境相に留任させました。
実務型では、厚労相に川崎氏を据えた事です。
目新しい処では、小坂氏を文部科学相、少子化担当に猪口氏を就けました。
悲願数十年の、新自由クラブの生き残り・中馬氏を入閣させたのは、ご愛嬌です。

さて、一人づつ、観て行きますか。
先ず安倍氏、云わずと知れた自民党のプリンスで、内閣の顔として毎日の定例会見で、全世界にコメントを発する役を担います。 閣内では、各省庁の束ね役になる為、全ての情報が集まる、絶大な権力の中枢となります。 彼の力量や如何。
強硬意見で鳴らすが、今のところは意志が振れ無い姿勢が貫けるかどうか、お手並み拝見。
次に控えしは、谷垣氏。
加藤の乱では、親分に殉じようとした熱血漢。 今や実務派の大看板にのし上りましたが、官庁の中の官庁・財務省の超抜エリートを、押さえつけられるかどうか、首相も、その手腕を試している処でしょう。 国民の最も忌み嫌う大増税の旗振りを、泥を被って遣り遂げねばなりません。 これは、あるいは、小泉サンの甚深遠慮な想いかも。
続いて、お次に控えしは、麻生氏が御出ましです。
郵政民営化に道付けした、総務相を移り、伏魔殿と云われる、外務省に乗り込むことになりました。
これも、小泉サンの深謀遠慮。 日中、日韓、日朝、日米で打開策を講じるならよし、潰れるなら、それはそれでよし、と云うスタンスが観て取れます。 近隣諸国への強いメッセージを発した事になるでしょう。
さてさて、お次に控えしは、経産相より横滑りした中川農水相。
ポスト小泉の盲点になっていた感があるが、ここへ来て、第4コーナー大外より追撃を開始した模様です。 海底油田問題では、中国に強硬意見を吐き続けましたが、今度は、牛肉再輸入問題で、アメリカと交渉する事になります。 結果次第では、厚労省と責任を負わねばならなくなります。 後の席に控えている人は、また次の機会に譲りましょう。





posted by 津々浦々 at 15:21| Comment(2) | TrackBack(11) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。