2005年09月20日

郵政民営化・総選挙 結果分析

小泉・自民圧勝劇から一週間、ここらで一応、総括しておきましょう。

自民党が是だけ勝つとは想定外でした。
小選挙区制度の下では、こう云う事も有り得るでしょう。
先づ、当らなくてもいい人、当したくない人が、やはり復活しました。
新党大地の鈴木宗男、有罪判決を受けていながら控訴中で立候補して来るとは、その主張も、地元北海道に利益誘導する事ばかり、道義的・時代的に反社会の極みです。
千葉の中村喜四郎、最高裁で有罪が確定し議員を失職しながら、罪を償ったからと云って、再度立候補して来る厚顔さ。
確かに罪を償えば、一般市民ではあるけれど、国政に携わるのですよ。
大阪の辻元清美、自分の必要以上のパフォーマンスで、国会の論戦にエクスタシーを感じる人物。
本人は権力に立ち向かっていると云う変な自負心を持っているようだが、勘違いも華々しい。
奈良の高市早苗、小泉の刺客候補の一員に選ばれ、有頂天になって立候補し、当選の第一声が、2区で当選したのだから、総理、誉めてください。とは、何たる勘違い。
貴女の力で当うった訳ではありません。
小泉人気で当うったのです。
今度の選挙でこの4人にだけは、復活して貰いたくは無かったのですが、残念ながら、予想通り、当選してしまいました。

さて、公選法です。
今回の選挙でも、社民党が立候補させた候補が、公民権停止中と云う事で、名簿から外されると云う失態を演じましたが、(党首の福島は弁護士でしょう。そんな事も解らなかったとは、呆れ果てます。)それはさて置き、言わば、こんな軽い罪で立候補出来なくて、執行猶予中とか(辻元清美が是に当てはまる。)有罪判決を受けていながら、控訴中と云う事で立候補出来るとは、可笑しな制度です。
刑法につては述べたい事が他にもありますが、此処は公選法に限定して述べてみますれば、
先づ、執行猶予中は公民権も停止するべきです。
次に、一度有罪判決を受け控訴中も公民権を停止させるべきです。
そうしなければ、おかしいと思いませんか。

ところで、誰が認めているのか、訳の解らない政治評論家が居ます。
福岡政行? 何ですかこの人は。
最初、肩書きが白鴎大学教授だったのが、いつの頃より、立命館大学客員教授になっているのは良いとして、週刊誌に選挙の当落予想を出したり、TVで政治解説をしたり…
当落予想は、最初、小泉・自民党大敗として、段々、修正して行くと云う、本質の見極めの無さ。
TVでは、自慢たらしく、直ぐ、私の教え子が〇〇の市長、〇〇党の代議士をしていますがと、口幅ったく言い放っております。
何か問題があれば、教え子の〇〇代議士に私が云っておきますと、云うのは、地方の名士気取りでしかありません。
キングメーカーを気取っているのか、聞いていて是ほど見苦しい事は有りません。
本当に大物を育て上げた人は、そんな事は云わないものです。
まあ、こんな人物を使っているTV局や週刊誌は、その内、淘汰されるでしょう。

続いて、比例代表重複立候補の件です。
現行制度では、小選挙区の惜敗率で復活を決めていますが、是だけでは不充分です。
選挙区によっては、立候補者3人共、復活で当選し、或る選挙区では立候補者4人中、最下位第4位の者が復活当選し、次点・3位の者は落選と云う不合理な現象が起こっています。
華々しい場合、法廷得票数、つまり、総投票の一割未満しか得票していないのに、当選と云う事態が起こりました。
是は是非、改定して貰いたいものです。
少なくとも、復活する場合、次点でなければならないとか、惜敗率が80%以上であるとかに限定して貰いたいと思います。
よし、それが出来ないなら、重複は認めない事です。

さて、マニュフェストについてですが、
小選挙区制度になったら、自ずと、政党政治の原点に戻ります。
政権交代を目指して戦う訳ですから、政権構想を掲げるのは当然ですが、それには少なくとも、それなりの候補者を擁立しなければ、国民を馬鹿にしています。
政権を目指せない党がマニュフェストを出すのは茶番です。
そう云う党は、真に国民を思って、努力しているとは思われませんし、自分の保身の為に流されているとしか思われません。

共産党、社民党は、不思議な党です。
アメリカに無理やり押し付けられた憲法、特に9条を金科玉条の如く死守せよと主張していますが、貴方達、安保反対・米国NOの急尖兵だったのじゃないのですか。
そんなアメリカから押し付けられた憲法を、嬉々として拝受し給うとは、それこそ米国隷従でしょう。
9条改定する云々は別として、戦後60年、そろそろ日本人の手で、日本国憲法を策定し直しても良い時期です。
議論を重ね、その上で、9条を残すなら残せば良いのです。

最後に、小選挙区の下では、今回は自民が圧勝しましたが、必ず揺り戻しが起こります。
民主党は、新代表の下、地道な努力を怠らない事です。
但、党内を編成変えする必要が必ず何処かで起こるでしょう。
岡田旧代表も才能ある人物ですが、時に恵まれませんでした。
兎に角、政権交代の無い政治は澱みます。
江戸時代、二百数十年、その間、享保の改革、寛政の改革、天保の改革等々経ましたが、終に、明治維新で政権交代を果しました。
歴史は、庶民は、常に求めるものが有るのです。







posted by 津々浦々 at 14:41| Comment(6) | TrackBack(2) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。