2005年05月10日

社会を視つめて

JR西日本の脱線事故に マスコミは、かしましい。
あらゆる埃を叩き出して、もぐら叩きを行って居ます。
成る程、この企業は、そうされても、言い訳できない体質である事は確かな様であります。
然るに、こういう一人の人間に立ち返れば、取らないであろう行動を取ってしまうのは、何も、この企業のみではありません。
極く最近でも、三菱自動車の度重なるリコール隠しでの人身事故、UFJ銀行の査察に対する大量の隠蔽工作、全国各地の警察不祥事、大阪市の組合との馴れ合い行政による税金大量不正自給等々。
それを追求する大マスコミにしてもNHKの大腐敗、朝日新聞のうやむや体質、日経新聞のゴタゴタ数え挙げれば、枚挙に暇がありません。
凡そ大組織で悪事を働いていない処なんて無きに等しいのです。
悲しいかな、枚挙に暇が無いけれども、凡そ人類が社会を形成して生活する様になれば、これは当然の帰結であります。
そう、人間とは、かくも、弱いものであります。その弱い人間が、組織を形成すれば(古くは徒党を組むと云った)かくも無責任、かくも無慈悲、かくも悪心に陥ってしまうのです。他人の不幸は蜜の味という言も残っている位です。
しかし、我々は、この事を踏まえて対処しなければならないのです。我と我が身に置き換えて思考しなければなりません。
批判するのは易い。追求するのも当然であろうと思います。
だが、自身も、社会生活において、他に憚る行為を犯してはいないであろうか。もとる事は無いか。無ければ大いに結構です。
しかし、そんな人は稀でしょう。つまり、大組織の悪事を助長しているのは、我々一人独人なのです。
我と我が身の越し方が、その遠因なのです。
 
posted by 津々浦々 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(10) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。